本文へスキップ

東京都渋谷の指圧マッサージ鍼灸の治療院〜クイックマッサージ、全身マッサージ、鍼灸治療、ストレッチ〜  渋谷駅より徒歩5分、宇田川交番と東急ハンズの間

予約優先制 03-5458-5030 「ホームページを見て・・」とお電話ください


はじめての方へ 私が開院した理由 総院長プロフィール 施術内容と料金 お問い合わせ

四十肩・五十肩


 五十肩は、中高年に多く見られる運動器系(整形外科的)疾患の一つです。肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称です。1960年代までは四十肩と呼ぶのが一般的であったが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多いです。

 肩関節を構成する筋肉群が損傷した結果、後日に拘縮(こうしゅく、ちぢむこと)と呼ばれる変化を来し、運動制限、特に挙上困難となります。進行すれば関節に負担がかかるため、骨・軟骨・靱帯・関節包をも悪くしてしまいます。

腱板断裂
上腕二頭筋長頭腱炎
石灰沈着性滑液包炎
石灰沈着性腱板炎
などがあります。

原因疾患として 腱板損傷最初、肩関節付近に鈍い痛みがおこり、腕の可動範囲の制限が起こります。次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになっていきます。痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こります。生活にも支障をきすようになり、重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合があります。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていません。

 肩関節およびそれを構成する靭帯の問題で生活の中で起こりうる症状であり免疫性はないために、何回症状を起こしたとしても不思議なことではありません。

 五十肩の病態に関係するものとして以下のものがあります。 鎖骨・上腕骨・(肩甲骨)・棘上筋・棘下筋・肩甲下筋 これらのものが問題を起こし病態を形成しています。

治療方法

 急性期や、じっとしていても痛むとき、痛みが激しい時は、アイシングをしてください。慢性化してから(動かしたときにだけ痛む)は鍼治療、指圧、外科治療などに効果がある場合もあります。

痛みのピークは数週間〜1ヶ月前後で治まることもあるが、完治までは2年かかると言われています。リハビリに努める必要があり、これを怠ると腕の可動範囲が狭まったままとなる可能性があります。

四十肩・五十肩鍼灸治療例は、こちら