本文へスキップ

東京都渋谷の指圧マッサージ鍼灸の治療院〜クイックマッサージ、全身マッサージ、鍼灸治療、ストレッチ〜  渋谷駅より徒歩5分、宇田川交番と東急ハンズの間

予約優先制 03-5458-5030 「ホームページを見て・・」とお電話ください


はじめての方へ 私が開院した理由 総院長プロフィール 施術内容と料金 お問い合わせ

肩こり


 肩こりとは症候名のひとつで、肩だけでなく、首も凝ることが多いです。

 首から肩のエリアにある筋肉に生じる詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。

 同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

 また頸肩腕症候群の初期症状である場合もあります。

* 筋肉の持続的緊張により圧痛部位が拡大し、深層筋(肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋・脊柱起立筋群・上後鋸筋)にまで凝りが拡大すると「芯が凝ったような凝り」として感じられ、筋肉がこわばり、重苦しさを感じるようになります。
自覚的には頸部〜肩上部に「ズシーンとした感じ」「何かものがのっているかのような感じ」や肩甲骨と脊柱の間(肩甲間部)や肩甲骨の内側の際に「鉄板が入ったような感じ」として感じられることが多いです。
* 重苦しさを放置すると痛みを感じるようになり(「頸部まで痛い」「凝りすぎて背中が痛くて眠れない」)、進行すると緊張性頭痛や顔面・上肢の関連痛が生じるようになることもあります。

肩が凝りやすい人にお勧めしています。
 ・肩こり体操

肩こりコースはこちら

関連サイト
サブサイトの肩こり解説はこちら
肩こりって何はこちら
























このページの先頭へ