本文へスキップ

東京都渋谷の指圧マッサージ鍼灸の治療院〜クイックマッサージ、全身マッサージ、鍼灸治療、ストレッチ〜  渋谷駅より徒歩5分、宇田川交番と東急ハンズの間

予約優先制 03-5458-5030 「ホームページを見て・・」とお電話ください


はじめての方へ 私が開院した理由 総院長プロフィール 施術内容と料金 お問い合わせ

パソコンの疲れ


 パソコンのやり過ぎで出てくる症状と言えば、、眼精疲労や肩こり・頭痛・手のしびれがあります。

 パソコンに向かい続けることによって、姿勢が固まってしまいます。そしてキーボードやマウスを操作する為に腕を少し持ち上げた状態で作業することになります。人の筋肉は、動かすことにより血液が送られてきますが、腕を持ち上げた状態でキープすると言うことは、腕の重さを支えている力が入りっぱなしで肩周りの動きがないと言うことです。それにより疲労物質が流れていかず肩の筋肉が硬くなっていき、肩こりになります。

 特にマウスの作業が多い方は、右側に偏ったコリが出ることが多く見受けられます。

 キーボードやマウスを出来るだけデスクの奥の方において、肘をデスクに置いた状態で作業ができると腕の重さが肘で開放されて、肩への負担が減ります。

 ディスプレイ(画面)が正面にない方もバランスの悪い力みが入り、コリを増大させますので、出来るだけ、ディスプレイは正面に置くようにしてみてください。

 またパソコン作業をすると言うことは、ディスプレイ(画面)を見続けることになり、すなわち人工的な光を見続けているわけですから、目の疲れは避けられません。

 ある一定時間(30分くらい)を決めて、目を閉じたり遠くを見るようにしてみてください。そして、一時間ごとに時報が鳴る時計をデスクにおいておいて、時報が鳴るたびにトイレに行くことをお勧めいたします。トイレで用をすませることが重要なのではなく、トイレに行く動作で座りっぱなしの姿勢から開放され、歩くことにより足が運動し血流を改善いたします。画面からも目を離せるので目の疲れにも良いでしょう。

関連サイト
サブサイトPC疲れ(眼精疲労・睡眠不足)はこちら
























このページの先頭へ